• 支援額

    31,000

  • 目標金額

    1,000,000

  • 支援数

    8

    ファンドレイザー

    0

  • 開始日時

    2017/06/17 00:00

    終了日時

    2017/08/31 23:59

  • 残り日数・時間

    受付終了

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除あり
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象団体です。

子ども

被災者

教育

東北・熊本の被災地の未来を創る中学生の活動を応援してください!

「チャリティー・リレーマラソン東京2017」は、東北・熊本の中学生が地元被災地を元気にする企画を立て、東京の中学生や企業が募金で応援するプロジェクトです。3地域の中学生が共に学び、被災地の復興の力となる機会をつくることで、中学生たちは自分たちが地域で役立つ存在であることを自覚し、将来のチャリティー・ネットワークの基礎を築きます。東北から4校、熊本から3校、東京から6校の生徒が参加します。彼らの交流・学びの場の創出のために、ぜひご協力をお願いします。プロジェクトの詳細:http://www.philanthropy.or.jp/marathon/tokyo2017/

5月27日(土)に、東北・熊本・東京の3地域をつないで合同熟議を行ないました。

宮城県・東北学院中学校、熊本県・高森町立高森中学校、東京・東京学芸大学附属国際中等教育学校にそれぞれの地域の参加校が集まりました。 「特定非営利活動法人遠野まごころネット」理事長、臼澤良一さんより、同団体が実施した岩手・熊本での支援活動と今後の展望についてお話を伺った後、東北・熊本参加校は地元地域できる支援活動について、東京参加校は、それらを支えるための募金活動について議論を深めました。 スカイプを通じてお互いの顔を見ながら発表を行ない、東北・熊本の生徒からは「課題が明確になってきたので、学校でもっと深く話し合っていきたい」「東京の人が色々工夫しながら、熊本への支援を考えてくれているのが伝わった」、東京の生徒からは「被災者の生の声が聴けて、被災地のために何かしたいと心から思えた」などの意見が出ました。 この日をスタートに、各校でそれぞれの企画を進め、7月の合同募金・リレーマラソンイベントにつなげます。

プロジェクトオーナー
日本フィランソロピー協会

1963年法人設立。1991年より、人と企業の社会貢献支援への取り組みを始める。一人ひとりの社会参加推進を目的に、社会参加のきっかけづくり、情報提供、NPO・行政・企業の交流と橋渡しを中心にした事業を展開する中間支援組織。

オーナーに問い合わせる

支援内訳

  • 支援総額

    31,000

  • このサイトで集まった支援

    31,000

  • その他の支援

    0