• 支援額

    122,124

  • 目標金額

    140,000

  • 支援数

    2

  • 開始日時

    2017/08/24 11:33

    終了日時

    2017/11/30 23:59

  • 残り日数・時間

    受付終了

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除あり
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象団体です。

【復興支援】みんなでまこう!こころの種〜東日本大震災で失われた海岸林を取り戻そう〜

「海岸林再生プロジェクト10ヵ年計画」は、東日本大震災の津波で失われた海岸林を再生するプロジェクトです。活動地域は宮城県名取市、仙台空港のすぐ側です。100haに50万本のクロマツを2020年までに植える予定で、これまで50ha、約26万本の植栽が完了しました。  2012年の2月に設立された被災農家中心の地元グループ「名取市海岸林再生の会」のメンバーがクロマツの苗を育て、その苗がプロの手によって現場に植えられます。植えた苗の管理は毎月第3土曜日に設けている「ボランティアの日」に参加する全国からのボランティアが行ってくれています。  年に1回開催する「植樹祭」には地元名取市民・宮城県民の方を中心に集まっていただき、地元の高校生100名を含む総勢500名の参加が得られました。マツ林が元のようになるにはまだまだ長い年月がかかりますが、「名取市民の森」の再生を目指し、日々取り組んでいます。

⚪️支援の使用用途

2020年までの100ヘクタール、約50万本の育苗、植栽、2033年までの下刈り・つる切り・除伐などの育林作業のそれらにかかる11,140人以上の雇用を含めた全体経費として10億円が必要です。

⚫️目標

・東京オリンピックが開催される2020年までに、約50万本の育苗・植栽を行います ・100haの育林を2033年まで行います ・2033年までに育苗・植栽・育林の過程で約11,000人の雇用を生み出します

⚪️なぜクロマツ?

このプロジェクトで植えているクロマツには防風、耐塩、耐乾、防風などに負けない深根性、痩せた土でも育つ耐貧栄養土壌性、耐酸性の効果があり美味しく安全な野菜を作るのに最適です。野菜が砂を被ってしまうのを防ぐ効果もあり他の地域のためにもなります。

⚫️誰かのために

震災直後は収入が0でした。今は回復しつつはありますがそれでもまだ豊かとは言えません。農家の方々は農業が収入源です。そして私たちに美味しい野菜を届けるために行ってくれているのです。震災直後でさえ政府よる農業への支援が遅く、支援条件も労働者3名以上で8haの農地が必要という厳しい内容でした。さらに、開墾していく農業機械もありませんでした。しかし、後ろを見てもしょうがない、前をみるしかないと思い、6万円の軽トラックを買い、ギリギリのラインで農業を耕人会3人でやってきたのです。(高梨氏、森氏) 皆様のお一人お一人のお気持ちが農家の方だけでなく自然も救いこの大きな10カ年のプロジェクトを達成することにより人々に希望を与えることができるのだと思います。

ファンドレイザー
cmii79

マラソン参加とともにオイスカの支援をしています。ご協力お願いします

支援内訳

  • 支援総額

    122,124

  • このサイトで集まった支援

    122,124

  • その他の支援

    0