• 支援額

    10,000

  • 支援数

    1

    ファンドレイザー

    0

  • 開始日時

    2019/01/04 20:30

    終了日時

    期限なし

  • 残り日数・時間

    期限なし

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除なし
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象ではありません。

子ども

教育

NPO・NGO

【チアフルスマイル】カンボジアの最貧地区の子どもたちへ図書を届けるプロジェクト

活動を紹介するビデオ1

 

活動を紹介するビデオ2

 

子どもたちからの感謝の声

 

 

以下に、私たちの活動の様子を順を追ってご紹介します。

 

 

カンボジアでは最貧地区といわれるスバイリエン州。

 

ここは、隣国との国境線沿いにあり、1970年のベトナム戦争に巻き込まれた地域です。他国の軍隊と内戦で分裂した自国軍の狭間となり、当時多くの人々は苦しい環境下に置かれました。

 

ポルポト政権下では、多くの知識人が命を失い、教師や学校制度もなくなりました。

寺院や学校は、兵士たちの休息所、武器庫、留置所に変わりました。

 

私たちは、歴史上の事実として、真実にきちんと向き合う必要があります。

 

そして、真の平和について考え、行動を起こす必要があると思っています。

内戦が終結したのが1998年。

しかし、争いの後遺症はその後も続いています。

そして、貧困は子どもたちの学ぶ機会をも奪います。

 

スバイリエン州の平均世帯収入は月額200$以下です。

そんな貧しい暮らしの中にいる子どもたちの学校を訪問しました。

田舎道をずっと走っていきます。

 

ラテライトの道がずっと続きます。

 

ようやく、ベトナムとの国境近くの村にあるスロモー小学校に着きました。

 

屋根の隙間から光が差す教室。

 

井戸から水をくみ出す子供たち。

 

学校はあっても、教材がほとんどありません。

これが、500人が在籍する図書室の現状です。

 

現在、この州には百数十の小学校がありますが、図書館がない学校も多く、設置してあってもがらんとした部屋に十数冊のボロボロの汚れた本が置いてあったりします。

その環境で、子どもたちは真剣に学習しています。

学校は、教室不足で2部制をとっており、半日しか授業を受けることができません。

 

授業の開始時に、クメール式の挨拶をする子どもたち。

 

教室を訪問すると子どもたちは、大喜びで迎えてくれます。

「足るを知っている。」そして、「ないことが苦にならない。」子どもたちです。

親切に対して、心から感謝することもできます。

 

輝く瞳には、未来への希望があります。

 

そんな子供たちに、心から本を読んでもらいたいと思うのです。

 

図書をもらえると知って、大喜びの子どもたちです。

 

本は、知識・知恵の宝庫であり、より良い方法を考える子供を育てます。そして、豊かな心を育む栄養になります。

 

音読しながら、読んでいます。

 

子どもたちは、本を読むことが大好きです。ただ、その読む本がないだけなんです。

 

みんな、お話の世界に入り込んでいます。

 

図書には、ご支援いただいた方のお名前の入ったタグシールを貼らせていただきます。

 

先生方も大喜びで、大歓迎してくれます。

 

校長先生と図書の活用方法について協議します。

 

子どもたちの様子や学校の課題などについて、先生方からお話を伺います。

 

司書の先生がさっそく図書のリストを作成してくれました。

 

我々は、子どもたちが未来を担う優秀な人材として育って欲しいとの願いを込めて、この支援活動を推進しています。

 

子どもたちとの交流活動です。

 

日本の文化を伝えると、子どもたちはとても興味を持って聞いてくれます。

これは、「しっぽ取り鬼ごっこ」で遊んでいる様子ですね。

 

校長先生から、支援に対する感謝状を頂きました。

 

 

100冊の新しい本を購入するには、100,000円のお金が必要です。

 

私たちは、まずは、「100冊を100校に」の支援活動を展開していきます。

 

本を支援しての帰り道は、荷物は軽くなりますが、心が喜びで満たされます。

それは、子どもたちが与えてくれます。

1冊の本を1000人の子どもが読めば、100冊の本で100,000人の心を豊かにします。それを100校に支援したら・・・、と夢は膨らみます。

皆様と一緒に達成できたらこの上ない喜びです。

ぜひ、温かいご支援をお願いいたします。

プロジェクトオーナー
Cheerful Smile

はじめまして、CheerfulSmile代表の松田と申します。私たちは、教育行政の力が及ばない地方の小中学校を中心に、生涯にわたって生きる力として働く図書の寄贈とその活用方法の指導を中心に支援活動を行っています。「100ドルの支援を各校に」を目標にして、学校図書の充実を図ります。

オーナーに問い合わせる

支援内訳

  • 支援総額

    10,000

  • このサイトで集まった支援

    10,000

  • その他の支援

    0