• 支援額

    132,000

  • 目標金額

    4,620,000

  • 支援数

    27

    ファンドレイザー

    0

  • 開始日時

    2019/02/09 10:00

    終了日時

    2019/04/30 23:30

  • 残り日数・時間

    6710時間33

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除あり
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象団体です。

子ども

被災者

芸術・スポーツ

豪雨災害 真備地区【和太鼓団体と笑顔を守ろう】

『未曾有の大災害』

2018年(平成30年)628日から78日にかけて、西日本を中心に北海道や中部地方までに及ぶ全国的被害を広がった豪雨災害。台風7号および梅雨前線等の影響による集中豪雨によって岡山県倉敷市真備地区も大きな被害を受けました。

 

 

『一変した環境』

太鼓メンバー23名のほとんどが真備地区に居住しておりましたがなんとか無事でしたが、家、練習場所、楽器のほぼ全てが水没してしまいました。

仲間と家族の命は助かり、徐々に生活環境は改善されましたが太鼓と、太鼓を叩く環境(コミュニティ)は現在も失われたままです。

▼避難時▼

▼1週間後水が引き片付け時▼

 

 

『吉備真備太鼓 きびのまきびだいこ

吉備真備太鼓は平成10年に結成して以来、人と地域とのつながりを大切にしながら活動をし、定期練習や地域でのイベントに参加しており、その活動の中で礼儀・友愛・地域愛等を育むことを大切にしている和太鼓団体です。

 

次代を担う子供達に伝統芸能を通じ、仲間づくりや地域の一員であることの大切さを感じてもらうきっかけになればとの想いで、結成5年目(平成15年)に「童」の部を立ち上げており、子どもから大人までが行き交う真備のコミュニティになっておりました。

 

▼吉備真備太鼓▼

 

『できる人が できる時に できる事を!!』

豪雨が去った8日、日本太鼓財団 岡山県支部は加盟団体の安否確認を取り、生活必需品となる水を集めました。

小さな力ではありますができることを少しずつ。

そしてちょうど約1ヶ月後、楽器が腐敗で手遅れになる前に、浸水してしまった楽器の中から修復が可能と思われる物を全て回収しました。

 

そして、太鼓の販売、修理、レンタルまでされている東京に在る老舗店 宮本卯之助商店様に、保管と修繕のお話をさせていただいたところ、快く引き受けていただき、なんとか届けるところまで我々で出来ました。

 

▼車での楽器運搬時▼

 

 

『現在の吉備真備太鼓』

練習場所としては、マービーふれあいセンターの舞台を使用させていただき、楽器の保管もさせていただいておりましたが、敷地内は瓦礫の集積場となり、館内も浸水したため以前の様に会館としての利用は厳しいようです。

 

▼マービーふれあいセンター▼

 

練習場所がないので現在は、晴れた日に河川敷で代用のタイヤを叩くくらいです。

秋口までは良かったのですが、冬に入り今はあまり活動ができておりません。

 

▼練習風景▼

 

『現地の声』

災害後、メンバーの住居が遠くなったりと環境の変化もあり、正直メンバーは減少傾向にあります。

そんな中メンバーの一人が、

 

「仕事も行けないし、明日どうしよう。。と、頭がぼーっとしている中、ふと気がつくと

 太鼓を叩く動きをしていたんです。

 私、本当に太鼓がすきなんだなぁ〜って思いました。またみんなで楽しくたたきたい。

 

と、話してくれたのです。

この時に、このままでは行けない何か行動に移さないと20年かけて築き上げた地域のコミュニティとなった和太鼓団体が失われてしまい、この子達の笑顔も失ってしまうという大きな危機感に襲われました。これが被災者に起こる二次災害なのだと感じました。

 

 

『立ち上がる』

岡山県支部、吉備真備太鼓の活動できるメンバーを中心に立ち上がり、この度多くの方々のご協力あってクラウドファンディング開設まで至ることが出来ました。

微力ではありますが大切な仲間の為、精一杯活動を進めていく所存です。

 

復興は長く根気のいる活動だと過去日本における被災地を見て感じております。

本当の復興とは・・・

災害の翌日から考えて参りましたが、やはりその土地の内からなるチカラが今後の基になるのではないだろうかと考えております。

そのために、真備の地でうまれ育まれた団体を存続させ、想いを繋いでいくこと。それが和太鼓の文化・伝統を後世に伝えていけることであり復興の大きな一歩ではなかろうかと考えております。

現状では練習もままならない状態ではありますが、悲しい時も嬉しい時も仲間と共に太鼓という楽器を通じて歩んでゆく。そして練習や大衆に向けての発表の機会を楽しみにこの時を乗り越えていく希望のお手伝いをいただければ幸いです。

 

●日本太鼓財団 岡山県支部 支部長:山部 泰嗣

 

 

●吉備真備太鼓 団長:田淵 重行

 

『被害内容/支援金用途』

太鼓の修繕費用/390万

・大太鼓×1基

・長胴尺6×4基

・長胴尺4×2基

・桶太鼓×7基

・締め太鼓×4基

 

修繕不可物の購入費用/48万

・バチ×30セット

・篠笛

・法螺貝

・ドラ、シンバル

・竹

・うちわ太鼓×6枚

 

その他/24万

・保管場所レンタル費(2年間)

 

プロジェクトオーナー
日本太鼓財団岡山県支部

日本太鼓財団岡山県支部支部長として
日本太鼓の伝統伝承および普及・振興を図り、併せて会員の指導並びに
会員相互の親睦と融和に務め、もって我が国文化の発展に寄与することを目的とする
活動している。

オーナーに問い合わせる
3,000
感謝の気持ち・公式SNSでの感謝状
  • 受付期間
    随時受付
  • 申込数

    2 件

  • 数量

    無制限

  • 配送可能地域

    -

  • 発送日の目安

公式SNSより感謝を込めた投稿と、感謝状をお贈りさせていただきます。

詳細を見る詳細を閉じる ギフト寄付をする
5,000
感謝の気持ち・公式SNSでの感謝状
  • 受付期間
    随時受付
  • 申込数

    6 件

  • 数量

    無制限

  • 配送可能地域

    -

  • 発送日の目安

公式SNSより感謝を込めた投稿と、感謝状をお贈りさせていただきます。

詳細を見る詳細を閉じる ギフト寄付をする
50,000
感謝の気持ち・公式SNSでの感謝状・活動報告
  • 受付期間
    随時受付
  • 申込数

    0 件

  • 数量

    無制限

  • 配送可能地域

    -

  • 発送日の目安

公式SNSより感謝を込めた投稿と、感謝状をお贈りさせていただきます。
活動報告を随時ご連絡させていただきます。

詳細を見る詳細を閉じる ギフト寄付をする
500,000
感謝の気持ち・公式SNSでの感謝状・活動報告
  • 受付期間
    随時受付
  • 申込数

    0 件

  • 数量

    無制限

  • 配送可能地域

    -

  • 発送日の目安

公式SNSより感謝を込めた投稿と、感謝状をお贈りさせていただきます。
活動報告を随時ご連絡させていただきます。

詳細を見る詳細を閉じる ギフト寄付をする

支援内訳

  • 支援総額

    132,000

  • このサイトで集まった支援

    132,000

  • その他の支援

    0