• 支援額

    0

  • 支援数

    0

    ファンドレイザー

    0

  • 開始日時

    2019/03/07 15:33

    終了日時

    期限なし

  • 残り日数・時間

    期限なし

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除なし
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象ではありません。

子ども

医療

NPO・NGO

横浜にこどもホスピスをつくりたい!

 

はじめまして、NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトの田川尚登です。

私たちは、治療ができずに長く生きられない子どもと家族のための在宅支援施設である『こどもホスピス』を神奈川県横浜市に建てるための活動を行なっています。

日本には重い病気や障害がある子どもがおよそ25万人いると言われています。

そのうち、小児がんや治療が困難な病気で長く生きられない子どもたちは約2万人います。

高度医療が進むなか、医療以外の支援が受けられず、こうした子どもや家族を支える仕組みがまだまだ追いついておらず、在宅で家族が介護をしているのが現状です。

 

限りある時間でも学びたい!遊びたい!という好奇心を強く持っている子どもたち。私たちがつくろうとしている『こどもホスピス』では、そんな子どもたちのために、保育士、看護師、介護のスペシャリストが学びや遊びを家族と同じ目線でサポートしていきます。

また、介護しているご家族にも安心してリラックスできる時間や、相談ができる場所を提供します。

私たち横浜こどもホスピスプロジェクトは、日本にたった2ヶ所しかない『こどもホスピス』を横浜につくり、全国へ広げるきっかけにしていきたいと思います。どうかご支援をよろしくお願いします。

 

『こどもホスピス』は、イギリスで発祥し、ヨーロッパやアメリカで広がっている在宅支援施設で、主に、小児緩和ケアを行います。

具体的には、身体的な苦痛だけではなく、不安や社会的な疎外感など、様々な苦しみを取り除き、子どもや家族みんなを継続的にサポートします

また、医療施設ではなく、家族で泊まれるお部屋や大きいお風呂がある第二のお家のような場所にすることで、くつろいだり、リラックスできるような場所にします。

 

例えば、『こどもホスピス』の一日は、ご近所さんと一緒に子どもたちがガーデニングで土や植物と触れ合ったり、地域のケーキ屋さんと一緒にケーキを作ったり、英会話教室が開かれていたり….
笑顔や笑い声が響き渡り、なかには真剣に学ぶ子どもの横顔が見られる場所になります。

ここに集まるのは、スタッフや子ども、その家族だけではなく、地域の皆さんにも関わってもらえる場所にしていきます。

 

『横浜こどもホスピス』は、横浜の子どもたちだけではなく、将来、全国に広めていくときにモデルになる施設です。
医療、福祉、教育制度の狭間にいる、制度には入れない子どもと家族を支える大切な場所になり、だれもが無料で利用ができるようにするため、運営費を寄付でまかないます。

建設費には36000万円が必要です。現在、私たちはこどもホスピスの啓発活動として、講演会やチャリティコンサートを行なっていますが、まだまだ資金が足りていません。

たとえば、子どもが余命半年と医師から言われたら....
最後の時間まで楽しい思い出をつくって欲しい。そして、残された家族はこどもが亡くなった後も、それを乗り越えて、人生を歩んでもらいたい。

 

日本に『こどもホスピス』を広めていくために。
横浜こどもホスピスの建設にご支援をよろしくお願いします。

プロジェクトオーナー
横浜こどもホスピスプロジェクト

日本には生命を脅かす病気のこどもが約2万人いますが、在宅支援施設はほとんどありません。こどもホスピスは病院ではなく第二の我が家。楽しい時間を友として寄り添いながら、患者ではなく子ども・家族として過ごす時間を提供します。私達は、横浜にこどもホスピスを創ろうと準備活動を続けています。

オーナーに問い合わせる

支援内訳

  • 支援総額

    0

  • このサイトで集まった支援

    0

  • その他の支援

    0