• 支援額

    0

  • 支援数

    0

    ファンドレイザー

    0

  • 開始日時

    2019/03/29 10:46

    終了日時

    期限なし

  • 残り日数・時間

    期限なし

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除なし
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象ではありません。

子ども

障がい・介護

教育

復活!!「夏の大学たんけん隊」:法政大学現代福祉学部高橋ゼミOB会

企画の目的:地域の小学生が普段行くことのない大学へ行き、福祉の心を学ぶ

夏休みに八王子にある法政大学多摩キャンパスの自然豊かな場所で、小学生が福祉を学びながら、楽しめるイベントを開催したいと考えております。

私が法政大学現代福祉学部高橋ゼミ[児童福祉専攻]に在学していた時に、上記企画がありました。

2009年に高橋先生の退任、高橋ゼミが解散となり、その後無くなってしまったこの企画を再び復活させたいと考え、今回資金を集めたいと考えております。

 

この企画の意義は、参加者全員に楽しい場所の提供はもちろんのこと、福祉にはびこる様々な社会的問題に対して一日触れ、心の在り方を考えられる企画にしています。

児童虐待による子供の死亡・高齢者施設で生活する方が受ける施設職員からの虐待・LGBTへの偏見。

そういった社会が作ってしまっているバリアを小学生の頃に学び触れることで、福祉の心をはぐくむ機会を創出していきたいと考えています。

また、参加する小学生の親御様には、学校が休みとなり子どもと過ごす時間増える夏休みに、改めて子どもの心理を学ぶ機会として、法政大学現代福祉学部の教授より、セミナーを開いていただきます。

企画の主体は現代福祉学部の学生にしていただき、地域を交えた企画を実行することで、社会性を養い、大学時代にやり遂げたことを語れるようになっていただきたいと考えております。

 

大学生・小学生・親3者が有意義で楽しい一日となる企画を作っていきたいと思いますので、ぜひとも皆様ご支援のほどよろしくお願いいたします。

http://www.hosei.ac.jp/hosei/koho/photo/449.html

※2008年当時の大学たんけん隊を法政大学フォトジャーナルで載せていただきました。

https://www.hosei.ac.jp/gendaifukushi/news/shosai/news_149.html

※2007年当時の大学たんけん隊を法政大学HPに乗せていただきました。

 

 

 

プロジェクトオーナー
法政大学現代福祉学部高橋ゼミOB会

【夏の大学たんけん隊】自然豊かな大学の立地と「福祉」を通じて地域の小学生・親各100名に実施。小学生に「自然」と「福祉の心」を学べるオリエンテーリングを実施。親には普段聞けない大学教授による子育てセミナーを開催。大学生は社会人と交流し、大学時代にやった事として将来の糧にして頂く。

オーナーに問い合わせる

支援内訳

  • 支援総額

    0

  • このサイトで集まった支援

    0

  • その他の支援

    0