• 支援額

    0

  • 目標金額

    20,000

  • 支援数

    0

    ファンドレイザー

    0

  • 開始日時

    2019/05/23 00:00

    終了日時

    2019/06/22 00:00

  • 残り日数・時間

    21時間27

即時課金形式:All in

⟨All in 形式⟩このプロジェクトは目標金額の達成に関わらず、決済されます。
支援申込後のキャンセルはできません。

寄付控除なし
こちらのプロジェクトオーナーは寄付金控除対象ではありません。

子ども

障がい・介護

教育

LETS!DANCE!ダンスしようよ!

子どもたちを毎日見ていて、「ええ?」と思ったのは、子どもたちが体が動くことを知らないこと。

 

もちろん子どもだから、走り回ったり飛び回ったり、元気に動いています。

今はいろんな遊具やおもちゃが発達してて、小さな頃からクライミングやロープ登りなど、私たちが子どもの頃にはできなかったような楽しい運動も手軽にできます。

 

でもなぜか、前屈すると体が曲がらずに腰が引けてたり、手首がくるくると動かせなかったり、肩を上げずに腕を上げられなかったり、力の調整ができなかったり

 

恵まれた環境なのに何で?

 

もしかして、恵まれすぎてて、体はたくさん動かせるけど、工夫して動かすことを身につけられないのではないか

 

例えば、公園の遊具のクライミングは、クライミングができるように石が配置されています。でも、そうした遊具がなかった頃に子どもだった私たちは、そんな親切ではない本当の崖を体を動かす工夫をして登っていました。

 

体を工夫して動かすことができないのは、意外といろんなことに繋がっています。

例えば、手首がくるくると動かすことに慣れてないから字が汚くなる、だから書きたくない、字を書かないとノートを取らない、どんどん勉強がわからなくなる

 

 

何とか体はもっと自由に動くよ!とわかってもらいたいなぁ。

 

そこで思いついたのがダンス。

昨年1月に先生をお招きしての第1回を開催しました。

みんな楽しんでくれたし、流行曲のダンスを教えてもらえたので家や学校で踊ってみる子もいて、とても良い感じでした。

この時の感覚をずっと持ってもらうには継続しなくちゃなぁと思いました。

 

そして今年、別の先生をお招きしての二度目を開催することができました。

しかも先生のご好意により、定期的に開催していく方向へと話は進みました。

 

でも、そのためにはそれなりの資金も必要です。

 

先生への謝礼は気持ちのこもったものでありたいので参加費でお支払いさせていただいておりますが、宣伝費や交通費など、その他の経費は持ち出しで、不安定になってしまい、定期的に開催を考えるのは難しい。

 

また、定期的に開催することで、地域の皆さんにも気軽に参加や見学してもらい、交流の場にもなれれば良いなと思っています。

 

お力添えをお願いします。

 

 

 

 

プロジェクトオーナー
峠工房

【生活塾】生き抜く力をつける個別コミュニケーション教室【小・中学生放課後くらぶ】子どもたちの居場所、学習支援、余暇支援【峠工房第二教室】放課後等ディサービス・児童発達支援
*当事者やその身近な人達を支えるカウンセリング、バリアのない交流活動、部活動等実施*

オーナーに問い合わせる

支援内訳

  • 支援総額

    0

  • このサイトで集まった支援

    0

  • その他の支援

    0